農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

来月のパケット定額の見直し

 現在のパケット割引サービスは、フラット。今月は、基本wifiを使っているのでau のパケット合計0。来月からのサービスを見直すことにする。

 auのパケット割引は、ISフラット、ダブル定額、ダブル定額ライト、ダブル定額スーパーライトの4種類。
料金・割引一覧
 無料通話が不要な場合、基本料にダブル定額スーパーライト相当のパケット定額が付いているのがプランE、ISフラット相当が付いているのがプランF(IS)。
 これらから選ぶことになる。現在は、プランF(IS)。

 各ダブル定額は、最低額とパケット単価に違いがある。各割引サービスの最低額は、
 ダブル定額:40,000パケットまで2100円
 ダブル定額ライト:12,500パケットまで1,050円
 ダブル定額スーパーライト:3,720パケットまで390円

 スマホの場合の上限は、
 ダブル定額:114,000パケット以上5,985円
 ダブル定額ライト:71,250パケットまで5,985円
 ダブル定額スーパーライト:57,000パケットまで5,985円

 先月の実績から、私の場合の1日の平均使用パケットは40,000パケットだったので、ダブル定額ならば1日はau経由でも下限、スーパーライトだとだいたい1日で上限という感じ。

 2年間契約なので毎月割りがつくのだけれど、毎月割りはISフラット(とプランF(IS))、ダブル定額の契約が必要。それ以外のパケット割引の場合は消滅してしまう。
 DIGNOの場合、毎月割りは1050円なので、実質ダブル定額とダブル定額ライトは同じ値段になる。

 ちなみに、DIGNOの場合、au経由のパケット(3GがON)でないと使えない機能は、
  • Cメールの送信
  • EZwebメールの設定(迷惑メール設定など)
  • au IDの初期設定
  • GooglePlayでau ID連動設定でのアプリ購入
 なので、完全にwifiのみで過ごすのは不可能。
 これらの機能は、wifiをONにしたまま3GをONにして通信してやれば最低のパケットで済むけれど、どれだけパケットを消費するかは不明。

 そういうわけで、最安のでなく、ダブル定額を選択して様子を見ることにする。
 ダブル定額の場合、基本料最安のEプランは選択できないので、基本はプランSS。980円無料通話1000円。通話料は親の携帯と分けあいコースにする。

 親が思ったより通話をしたようなので、これでどうなるか。


関連記事[パケット

前後の記事 - [モバイル]::タイトル一覧
前後の記事 - [au]::タイトル一覧
前後の記事 - [DIGNO ISW11K]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP