農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

中国の通信機器大手、米国の安全保障に脅威と認定へ

 007ZとGP02のメーカがアメリカでスパイ行為の恐れとか。
"米下院情報特別委員会は1年間に及ぶ調査の結果、華為技術ならびに中興通訊(ZTE)が米国に対する国家安全保障上のリスクとなっていると結論付けた。両社の販売する機器が米国民に対してスパイ行為を働くために使用されるおそれがあるためだ。"
中国の通信機器大手、米国の安全保障に脅威と認定へ / WSJ日本版 - jp.WSJ.com - Wsj.com
 
 ZTEはまだしも、華為技術(Huawei)はイー・モバイル,SoftbankだけでなくDOCOMOやAUでも製品を出している。ことが起こった時に共産党の司令で通信機器の傍受が行われるとか、ありえるんだろうか?


関連記事[中国

前後の記事 - [モバイル]::タイトル一覧
前後の記事 - [007Z]::タイトル一覧
前後の記事 - [GP02]::タイトル一覧
前後の記事 - [ニュース]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP