農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

エアコンとトースターとブレーカー

 先日、古くなっていたエアコンとオーブントースターを新調した。
 新調したものはいい感じだと思っていたら、家族から苦情が。トースターをつけたらブレーカー飛んだとか、エアコンが全然温まらないとか。
 せっかくなので、1つ1つ原因を探ってみるか。

エアコンの確認


エアコンはヤマダでつけてもらったのだけれど、故障か見てもらうことに。正常と言われるんだろうなと思いつつ。
 うちの親は、ヤマダで安かったのが悪いんだとか言ってる。スタンダードタイプでなく、もうひとつ上のグレードだと違うんだろうか。

 点検の人が来てくれたのだけれど、この時期対応が大変そうだった。
 クレームもあるんだろうし、この時期何件も回ってるらしい。うちは4時ごろ時間だったけど、携帯で8時か9時頃になりそうとか話してたし、腰も低かった。
 圧の調査やら、基盤を交換して工場で調べてもらったりたけれど、結果は正常。古い家なので、隙間風が多いということと、部屋が広めだったので、もう1ランク大きなタイプを買ったほうがよかったのではないかとの話。
 まあ、温まらないわけではないので、仕方ないか。
 あわせて、温度と湿度の確認用に温度計を購入しておいた。

 次、ブレーカーについて。

ブレーカーの調査


 朝方、トースターをつけたらブレーカーが飛んだ。ほかのへや合わせて40Aを超えたらしいけど、契約はまだ余裕があるはずだということで、東京電力に問い合わせることに。
 電話で窓口に聞いてみると、最初に出たお姉さんはいまいち電気のことを理解してない感じだったので、突っ込んだ質問をしたら詳しい人に代わってもらえた。東京電力ではサービスで無料の診断もしてくれるそうなので、後日来ていただくよう頼んだ。
ブレーカーの表示
 やってもらったのは、ブレーカーのどのスイッチがどこにつながっているかの確認。電気やコンセントに機器をつけておいて、ブレーカーを落として確認する。コンセントごとに。
 それを調べたら、ブレーカーにテプラで記入。あとはブレーカーの配線を見て、どことどこに大きな負荷(エアコンやら)がついているかを確認する。
 これをやっておけば、余裕のないコンセントがわかるということ。
 わかったのは、パソコンとオーブントースターが同じブレーカーにつながっていそうということ。どうも落ちたのはそれが原因か。朝方とかはあまりこのコンセントででかい作業をやるのはやめておこう。


関連記事[ブレーカー

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP