農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

今や、薄毛を気にして隠す時代ではない。

 ここのところ、相次いでこんな記事を目にした。
"性欲が強そう、頭が切れそう。薄毛の人はそんなイメージを時として持たれるが、約8000人の男性脱毛症患者を診察してきた佐藤明男医師によると、これは、あながち間違いではないそう。"
ハゲは「進化した優秀なオス」の証である | 日刊SPA!

"「頭を丸めてから、ハゲって意外に嫌われないんだとわかりました。女性をご飯に誘っても断られないことがわかったし、むしろ自分からハゲネタを先に言ってしまうと、相手が楽になる。今やすっかり“モテハゲ”になりました」"
少ない毛を剃り落としたら“モテハゲ”になれた | 日刊SPA!

 ハゲシク同意!と言ってしまいたいところだが、実は本当に経験がある。
 薄毛が気になっていたころ、思い切って丸刈りにしてみた。すると、まあその日の職場の雰囲気は微妙だったのだけれど、こちらから頭の話題に触れたところで場がスッと和む。
 気にして話題にされないよりは、話題にしてしまったほうが相手も楽になるようだ。特に久しぶりにあった人に、「ずいぶん薄くなったなあ」と思われるか「すっきりした頭になったなあ」と思われるのはずいぶん違う。
 前者は両者とも気を使うことになるが、後者は話題にもしやすい。すっきりすると気持ちいいしな。毎日剃るというと、手入れが大変ではあるけど。


関連記事[髪の毛

前後の記事 - [生活一般]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP