農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

デスクトップPCでのブルーレイ視聴環境

 東芝製のブルーレイレコーダーBDR-Z150を導入して、昔のVHSテープにとった録画をレコーダーに取り込んでDVDに焼いてるけど、昔PCに取り込んだ時より数倍楽だ。
 アナログのワイド放送の黒枠のクリップとか、ゴースト除去はPCでないとできないけど、PCで編集をやるかどうしようかは今度考える。
 今後録画した地デジをPCで視聴する準備も進めるとすると、ネックは現在のPCにDVDドライブしかついていないこと。もちろん、視聴するソフトもついてない。
 せっかくなので、PC用の内蔵ブルーレイドライブを導入することにする。

機種の選定


 ドライブは、SATA接続内蔵型。バルクでいい。
 ベゼルは黒で、ソフトバンドル品が良い。品質はやはりパイオニア(Pioneer)が良いだろうということで、BDR-208BK/WSを選択。

 これと併せて、足りなかったカテゴリ6の7mのストレートケーブルを合わせて購入。


接続と動作


 接続は5インチベイにスロットインして、ねじで固定し、SATAケーブルと電源を接続するのみ。
 Windows側では、ライティングソフトと視聴ソフト(PowerDVD)をインストールするだけ。昔のドライブはLGだったので、LGのユーティリティはここでアンインストール。

 ためしにブルーレイに焼いた地デジの番組も問題なく視聴できた。いい感じだ。


関連記事[ブルーレイ

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP