農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

シュレッダーのお手入れ

 うちでは2000円くらいで買ったアイリスオーヤマのハンドシュレッダーを愛用している。

 電動ではなく小型で、CDとカード対応。クロスカットできると、安物ながら機能性は上々。
 ここの所の書類の処分で、ずいぶん手回しハンドル部分がへたって、プラの部品が抜けるようになったのと、どうも回すのが重くて切れ味が悪くなった気がする。

 そういうわけで、お手入れをしてみることにする。

まずはゴミの除去


 回転が重くなる原因は、刃の間に残った紙の切れかす。まずは目に見えるところを手で除去。
 そして、通常と逆方向に数回回した後、元に戻す。これを何度も繰り返す。
 こうすることで、詰まっていた分が取れて随分軽くなる。

刃の手入れ


 単純に刃のエッジがへたるということもある。
 切れ味の悪くなった鋏を復活させるには、アルミホイルを数回切るといいということ。シュレッダーも同じ刃なので、A4程度のアルミホイルをサクサクと数回入れる。まあ、効果のほどは不明。

油の追加


 油分の追加には、いいものがある。純正のお手入れシート。

 これは、紙の間に油が仕込んであって、シュレッダーに通すと刃の部分に油が染み渡るという仕組み。
 一通りの掃除を終えたら、最後にこれを通して終了。
 油なので、これをやった後すぐに紙をシュレッドすると、刃に張り付いてしまうのである程度おいてから使うほうが良い。
 そんな感じで、回転が軽くなった気がする。プラセボか。


関連記事[シュレッダー

該当無し

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP