農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

ゲームウォッチの裏蓋の自作

 引き出しの整理をしていたら、ゲームウォッチがいくつか出てきた。
 だいぶ古いので、箱や説明書があるわけではないけれど、画面の液晶はそれほどいたんでいるようには見えない。
 問題は、全部裏蓋がなくなっていること。電池はLR43かSR43で、今は100円ショップとかでも手に入る。
 裏蓋は数年前までならば任天堂で手に入ったらしいのだけれど、今はオークションでいい値段がする。それならば、自作してやるか。

材料


  • プラバン 1.0mm白
  • プラモデル用接着剤
 プラバンは少量あればいい。いろいろなところを探したけれど、家のそばの古い模型屋でばら売りしたのが手に入った。
 何か所か回ったので、通販で買ったほうが安かったかもしれないけれど。
 工具は、加工用のカッターナイフやニッパー、仕上げ用のペーパーがあればいい。


作成方法


ゲームウォッチとプラバン
  1. ゲームウォッチの裏蓋に合うように、長方形にプラバンをカット
  2. 長辺中央と短辺左右の切れ込みの穴の幅に合わせて、プラバンをカット
  3. 穴に合わせて大まかに部品を接着
  4. 電池が浮かないように、電池を抑える位置にプラバンを接着
  5. 1日乾燥させ、やすりで大きさを調整
 だいたいの場所があっていれば、あとはやすりで微調整してやればうまくいく。軽い気持ちで作ってやろう。
ヘルメット
 こんな感じに、レトロなアラーム時計が動けば完成。
オクトパスとミッキーマウス
 時計としてだけならば、半年くらい電池は持つ。電池の抑えが甘いと、とんでもない時間にアラームが鳴ったりするので注意。時計合わせとアラーム合わせには、クリップの先のようなとがった金具が必要。時計の精度はかなりいまいち。
 会社の机などに、インテリアとしていかがでしょう。


関連記事[修理

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP