農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

引き出しの中の蛇の抜け殻

 引き出しの中を片づけていたら、ティッシュにくるまれた何かを発見。あぁ、これは蛇の抜け殻か。

 大昔、小学校ぐらいの時に空き地で遊んでいると、足元に皮のようなごみのようなものを見つけた。完全ではなかったけれど、結構でかい蛇の抜け殻。珍しいと思って持って帰ったら親に、
「財布に入れておくとお金がたまるよ。」
 といわれて、それからずっと持っていたんだった。

 だけど、ティッシュに入れておくのもあれだなと思ったので、少し考えてみた。

抜け殻の加工


 縁起物なので、これ以上痛まないようにしたい。友達に相談したら、
「レジンで固めてみては?」
 ということ。完全に1匹とかならばいいけど、美しく作るのはなかなか難易度が高いと思う。
 それでは、キーホルダーはどうだろう。押し花で作るキーホルダーのような。
 早速道具を手に入れてみた。


 写真や押し花など薄いものを挟んで入れて、キーホルダーにする透明な部品。挟むだけだから、失敗しても何とかなるだろうし。

加工してみた


蛇の抜け殻キーホルダー
 長さはまちまちだったので、適度な大きさに抜け殻をカット。縮んでいるようなところを、なるべく広げるようにして挟み込む。
 挟んでみると、思ったより皮に光沢があるようだ。ぬれたような、独特な感じ。美しいよなグロような。
 持ち歩いて人に見せびらかす勇気もなく、通帳と一緒のところに保存。ご利益あるかな。


関連記事[キーホルダー

該当無し

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP