農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

ドメストとサンポールの使いわけ

 さて、トイレ掃除。
 通常はトイレ用お掃除シートやオレンジオイル入りの洗剤、ブルーレットなどを使っているのだけれど、どうもこびりついて落ちない場所が気になる。
 特に、便器のふちのあたりをシートで掃除していると「ザリ」っとした感触がある。おそらく尿石だな。

 そういった場合、どんな洗剤を使えばいいんだろうか?

定番の洗剤


 よく使われる強力な洗剤には、ドメストとサンポールがある。


 「混ぜるな危険」表示があるので、同時に使ってはいけない。
 もう一度書く。「混ぜるな危険」があるので、同時に使ってはいけない。

ドメストとサンポールの使い方


 ドメストは、アルカリ性の洗剤。これはカビとか酸性の汚れに効く。黒ずみとか。
 粘性が強いので、便器のふちなどに回しかけておいておいて、数時間たったらこすり落とすようにして使う。
 黄ばんだよごれや尿石には効果なし。

 サンポールは酸性の洗剤。洗剤というか、塩酸。こっちが尿石に効く。尿石はアルカリ性の塊なので、酸性のサンポールが効くという仕組み。
 サンポールはあまり粘性がないので、便器のふちに回し掛けしておいてもすぐに下に落ちてしまう。なので、サンポールを軽くかけたら上からトイレットペーパーを張り付けて再度その上からかける「サンポールパック」が有効。温度が高いと成分が気化することもあるので、換気に十分注意すること。

 上記のように、アルカリ性と酸性の洗剤なので、混ぜると反応する。塩素系だから有毒な塩素ガスが出るので、混ぜるな危険なのだ。
 混ぜないとしても、同じ日に使うのは危ない。やるならば、ドメストで掃除した後1日おいて、残った尿石をサンポールパックで溶かすのがよさそう。
 サンポールパックを尿石のひどいところにかけて数時間おいてからはがすと、まあひどい色のペーパーが取れる。何度か取り替えながらやるのがおすすめ。何度かやったら、ブラシでこすり洗いをして終了。その時にアルカリ性の洗剤を使ってはいけない。尿石に反応しているならば、中和されてはいるけれど念のため。

 そんな感じで、夏に気になる匂いも低減した感じがする。掃除も整理もためないうちにやるのが良いよな。


関連記事[トイレ

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP