農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

週末に昔の戦争映画を

 8月も終わり。仕事が大幅に変わりそうで、生活リズムも変わるかもしれないといわれて、ちょっと休憩。週末に戦争映画を2本借りてきた。


 ブラックホークダウン。ソマリア内戦時のアメリカ軍の作戦中、ブラックホーク(MH-60Lヘリコプター)が現地に墜落。乗組員の救出作戦を描いたもの。


 ランボー3 怒りのアフガン。
 1作目がアメリカの警察署、2作目がベトナム、これはアフガン。2作目と同じように、とらわれた仲間(上官)を助けに向かうというストーリーが共通点。

 あまり考えないで選択したのだけれど、予定外のハプニングで戦況が変わり、取り残された仲間を助けに行く作戦。戦争自体には救いがない。という共通点があるか。
 今の心境の変化が無意識に選ばせたんだろうか。


関連記事[戦争映画

前後の記事 - [映画]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP