農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

初詣と電気の神様

 電気関係の仕事をしているのだけれど、先日から仕事の分野がちょっと変わった。
 今の仕事、トラブルというかハプニング多いので、ちょっと休みになったらお参りでもして厄払いでもしたほうが良い気になってきた。
 そういうわけでちょっと調査。

京都の電気・電波の神様


 電気の神様といえば、雷様。雷様を祭ったところはよくあるのだけれど、京都に電電宮というところがあるとのこと。
法輪寺 電電宮並びに電電塔建立の由来
 従って奈良時代の創建にかかる法輪寺にも当然鎮守社があり、そのご本尊は大空(宇宙)の自然現象を広く包含する虚空蔵尊でありますので、明星天子(みょうじょうてんし)、雨宝童子(うほうどうじ)、電電明神(でんでんみょうじん)等の大空の自然に関連した神々を祀る鎮守社が存在しておりました。
 中でも電電明神は電電陰陽融合光源の徳を祖とするということで、云わば雷、稲妻の神様であります。即ち今日流に解釈すれば電気祖神であり、電波祖神と云えるのであります。法輪寺境内には古くからこの電電明神をお祀りした電電宮のお社がありまして、広く住民からあがめられておりました。

秋葉原商店街の氏神様


 電気街といえば秋葉。そこからほど近い神田明神ではITお守りも売っている。
神田明神 IT情報安全守護
神田明神の氏子区域(神田・日本橋・秋葉原・大手町など一〇八町会)には、電気街・ビジネス街があり、パソコンに囲まれた環境でお仕事をされる方々も多くいらっしゃいます。コンピューターウィルス、フリーズ、強制終了などなど。人の力ではもうどうしようもないパソコンの不具合に多くの悩みをお持ちの方々が多くいらっしゃいます。


 初詣は神田明神のお守りでももらってこようかしら。


関連記事[神様

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP