農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

NP_GoogleMapsのGoogle Maps APIのアップデート対応

 このサイトおよび関連サイトの農場主の漫遊記で使用していた、Google Mapを表示するためのプラグイン「NP_GoogleMaps」の表示でエラーが発生するようになった。
 調査してみると、2018年にGoogleMaps APIからGoogle Maps Platformに変更になり、有料化したとか。
 とりあえずエラーの対処をしてみる。

APIキーの再取得


 どうも、これまでのAPIキーは使えないために再取得する必要がある。
 手順は以下
1.Google Maps Platformに登録(Googleのアカウントでよいようだ。)
2.プロジェクトを作成する
3.支払い情報(住所、クレジットカード情報)を登録する。
4.Google MapのAPIを登録し、キーを入手する。
 クレジットカード情報は入力しなくてもAPIキーの発行は可能だけど、Google Maps APIを使って地図表示するとエラーが消えないので注意。


NP_GoogleMapsの修正


 次に、NP_GoogleMaps.phpファイルの修正
314行目付近
<script type="text/javascript" src="http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false" charset="utf-8"></script>
部分を、
<script type="text/javascript" src="http://maps.google.com/maps/api/js?key=<?php echo $key ?>&language=ja" charset="utf-8"></script>
に変更。

344行目付近
<script type="text/javascript" src="http://maps.google.com/maps/api/js?sensor=false" charset="utf-8"></script>
部分を、
<script type="text/javascript" src="http://maps.google.com/maps/api/js?key=$key&language=ja" charset="utf-8">
に変更。
 修正後、NP_GoogleMaps.phpファイルを上書き保存したら地図のエラーが消えた。JavaScriptデバッガで見てもエラーが消えている。
 APIの使用は、$200分までは無料のようだけれど、有料アカウントのトライアルを実行して、12か月無料のコースを体験中。
 来年の今頃、忘れないようにしておこう。


関連記事[NP_GoogleMaps API 漫遊記

前後の記事 - [Nucleus]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP