農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

エアコン室外機カバー

 夏に向けて、整理やら調整やらをしていて、エアコンの室外機に目が行く。
 夏の暑いとき、これが直射日光の当たる暑いところにあると、エアコンの効果が下がるとか。
 それを避けるために、カバーで日焼けを作り、温度を下げてやるエアコンのカバーが流行っているとのこと。
 親も、昼の番組を見てほしいという話をしていた。検討してみるか。

エアコンの室外機カバーの選定


 検討対象は、エアコンの効果を高めるためのカバー。
 ポイントとして、
  • 屋根のようなカバーで、日陰を作ることを目的とする。
  • ファンの風を阻害しないよう、全体を覆うものは対象外
  • エアコンとカバーの間に隙間ができ、熱が直接伝わらないもの。
  • 取り付けが簡単であること。
 これに該当する商品があったので、楽天で購入。

 これ、かなり軽い。1つのエアコンに対して、屋根部品2枚とバンド2個がセット。
 2枚の屋根部品を組み合わせることで、エアコンの横幅に合わせる調整が可能。
 室外機の上にこのカバーを載せて、幅を調整し、付属のバンドをつかって室外機に括り付ける。
 屋根部分が短い感じがあるが、夏の高い太陽に対してうまく日陰になってくれる。
 数年使った感じ、角度もいい感じなので、雪除けにもなり、大きな台風でも破壊されることもなく問題がない。
 まあ、悪くない買い物だった。


関連記事[雪除け エアコン 日陰

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP