農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

カーテンの追加取り付け

 うちの実家では、大きな窓は雨戸、障子、小さい窓は模様入りガラスで基本的にカーテンはついていない。
 昔はそれでよかったのだけれど、近年は日差しが強いのでクーラーの効きが非常に悪く感じる。
 窓自体を何とかしないといけないけれど、場所によってはカーテンを使ってしのごうと思う。
 カーテンも、厚手のカーテンから薄手のカーテンまでいろいろ。薄いものの中に、UVカットの断熱カーテンというものがあるので、それを使ってみる。

カーテンレールとカーテン


 カーテンレールがついている窓もあるのだけれど、基本的に後付。
 昔のプラのレールを、窓枠にドライバーで止めた感じ。それでもいいんだけれど、滑りが悪い。
 滑りがよくて、窓と少し隙間が作れるものにしたいなと、サイズ調整可能な伸縮カーテンレールとUVカットカーテンを購入。



 カーテンレールはだいぶ軽い。ちょっと心配になるけれど、窓の桟にねじ固定したらきっちりと固定できた。滑りもスムーズ。
 作業は2人でやったほうがいい。
 手順は、
 1.カーテンレールを出して、窓の大きさに合わせて伸ばす。
 2.固定する位置を決めて、ねじで固定する穴を窓枠に合わせる。
 3.鉛筆で窓枠の穴の場所を黒く塗る。
 4.カーテンレールをよけて、鉛筆でしるしをつけた場所に下穴をあける。
 5.カーテンレールを当てて、ねじを締めて止める。

 ねじの止める順は、両端→真ん中の順がいいかな。補助する人がいないなら、緑の養生テープなどを駆使して作業する。

カーテンの効果など


 レースカーテンなので、思ったより明るい。
 縦の模様が入ってるものを選んだのだけれど、無地より模様があるものがいい。これは好みの問題だろうけど。
 暑さはカーテンと窓に隙間があるからなのか、それほど効果がないかも。
 窓との隙間をなくすように配置できるならば、冷暖房の効果は格段に上がるはず。


関連記事[カーテン 雨戸 障子

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP