農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

ベランダ用のラック

 うちのベランダには、木製の棚がある。
 安物の棚なのだけれど、数年の風雨にさらされてぼろぼろになった。
 吹き飛ばされてしまうのも問題なので、メタルラックを購入することとした。

 とはいえ、錆があると問題なので塗装されているもの。また、一番上には洗濯ばさみなどを置いたりするので、パンチング板を使っているもの。そしてそれほど重くなく、ベランダに負担がかかりづらいものという観点でチョイス。
 ドウシシャのパンチングラックに、円形平型アジャスターをつけるというところに落ち着いた。


 組み立ては普通のメタルラックと同じ。プラの金具を合わせてつけて、上から板を差し込む。
 アジャスターは、元からついているものを外して新しいのと付け替えるだけ。

 ベランダに出すときに窓に頭をぶつけないようにしつつ設置。
 親の話だと、きれいなラック過ぎて中で使いたいといっていたけれど、中ならば別途買えばいいよと説得。

 2019年までしようして、パイプ部分に錆は出てきたけれど、塗装の禿はなし。いい感じだったけれど、結局室内で使っているようだ。まあいいさ。



関連記事[メタルラック ドウシシャ アジャスター


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP