農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

KDDIのADSLからNuro光へ

 うちの回線は長い間KDDIのADSLだったのだけれど、これが2016年6月には終了する。
KDDI「メタルプラス電話」「ADSL one」終了へ、固定系VoLTEサービスを新設 -INTERNET Watch Watch

 携帯の契約がauだったので、au光にしてやろうと思って、昨年契約をしたのだけれど、工事の段階になって近くに引ける電柱がなくキャンセルになった。
 何度も確認したんだけど、代理店レベルじゃあわからないんだろう。
 相変わらず、au光の勧誘電話はかかってくるけれど、困るよな。

 ほか、auの割引があるのはJ:COMのケーブルがあるけれど、料金のわりに速度が出ないそうな。せっかく光にするなら、速さは出てほしいよな。
 じゃあどうするか。

光回線はどこがいいか。


 速さと値段を見たうえで、一番気になったのがNuro光。
光回線インターネットNURO 光 | NURO 光
 首都圏限定ではあるけれど、口コミを調べても相当速いようだ。携帯とのセット割はソフトバンクのみ。そうなると、契約者数もすくないんだろう。
 光回線は、最大速度はどこも大体同じ。そうすると付帯サービスや値段で選ぶことになるとは思うけど、大手で携帯の割引が効くところはたいがい契約者数が増えて遅くなる傾向がある。
 Nuro光はSONY系ではあるけれど、知名度はいまひとつだと思う。
 そういうわけで、Nuro光を選択。

回線を引くまで


 申し込みはいろいろなところでキャッシュバックキャンペーンをやってるので得なのを選べばいい。
 私はAmazonのNuro光申し込みセットを選んだ。キャッシュバックが3万円のコース。
 Amazonで注文すると、キーコードの書かれたキーホルダーが届くので、サイトから必要事項を書き込んで申し込み。
 契約してから大体2週間くらいで書類が届いて工事の日が決まる。
 申し込みが3/17で、宅内工事日が4/20日。
 モデムなどは当日、業者の人が持ってくるので、電源やケーブルの位置を決めておくといい。

宅内工事の日


 宅内工事は、引き込みの位置決めと光コンセントの設置。
 光ケーブルの引き込みの場所と光コンセントの位置を相談して決めたら、1時間くらいで工事。
 モデムのセットアップは自分で行う必要がある。といっても、まだつながるわけではないので、置き場所とコンセントの配線。
 うちは光電話もつけたので、電話の位置やケーブルの準備などもやっておく。

屋外工事の日


 屋外工事は、10日後の4/30。光ケーブルを引き込み位置まで引き込む作業。お客様の立ち合いが必要といっても、家の中に入るわけでなく、外壁に引き込む作業だけ。
 家の中で待っていて、配線を接続したら数時間後にネット開通となった。説明書には連絡があると書いてあるのだけど、連絡はなく、いつの間にかモデムのランプが変わって無事開通となった。
 開通後、即スピードテストをやってみたけど、上り下りで900MBps程度の速さが出ている。恐ろしいスピード。
 しかし、ものすごい早いことを感じる作業をやっていないので、体感はあまり変わらず。たまにネットが切れることがあったのが安定するといいかな。

光電話の開通日


 光電話の契約は2週間程度時間が空いて5/12。
 この日は電話線をTAからの線に繋ぎ変えて終了。非常に順調だった。
 電話料金は上がってしまうのだけれど、キャッシュバックもあるので2年間はお得な感じ。
 不満があれば、そのあと考えるかな。


関連記事[NURO モデム ADSL


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP