農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

ADSL終了にともなう回線変更計画

 家の回線はKDDIメタルプラスでADSLを使っていたのだけれど、2016年6月には終了するとのことで、連絡が来ていた。
 一番最初にネットを引いたのは、plalaで、1Mbpsのコース。そこから携帯がAuで割引が効くとのことでKDDIメタルプラスに変更。回線の調整をしつつ便利に使っていた。
 それでも8Mbpsくらい出ていて、たまに接続が切れる以外は私の使い方では特に気にならなかったのだけれど、さすがに停止になるまでにはどこかにしたい。

 2015年現在、ADSLで一番長く使えそうなのはYahooのようだ。
 E-Mobileの契約も格安でできるようだけれど、乗り換えて1年とかで終了してしまうのは問題がある。

そもそも、ネット回線で考えること


 ネット回線に何を求めるのか。
 うちは、高齢者と同居でネットを使うのが私一人なので全く気にならなかったし、ネットもWeb検索を行う程度。まあ、blogの更新やらを行っているので、そこそこの通信速度は必要だった。
 それも、数年前のレベル。これからは、家庭のテレビなどの機器も通信を行うし、スマホは家のwifi経由でダウンロードする。
 画像のサイズはでかいし、ゲームもダウンロード中心になってきた。
 それならば、速度を重視したほうが良いのではないか。
 まあ、考えることはこういう具合だろう。
  • 通信速度
  • 安定性
  • 値段
 サポートなんかも考慮する必要があるかもしれないけれど、私自身、サポートに問い合わせたこともないのでそこは置いておく。

AUユーザの選択肢


 で、現在Auの携帯を使っているということで、割引を考えると、
  • AU光
  • J:COM(ケーブルテレビ)
  • WiMax
 が候補となる。
 J:COMは、家でケーブルテレビの番組を契約しているならばいいのだけれど、値段の割にスピードが出ないようだ。
 うちの周りは地デジになる前は電波障害地区で共同アンテナでテレビを見ていたので、地デジ後にケーブルテレビに加入した人も多い。
 その流れでネットを契約した人もいると考えると、加入者が多そうなのでパス。
 次にWiMAXは、現在モバイルルータを使っているので、その代わりによさそうだけれど、家でレンタルして速度を見た限りは速度が安定しなかった。
 出ても20Mbps程度で、ちょっとこれでは今一つ。
 ということで、AUひかりを選んだ。

AUひかりを申し込んだが...


 まず、家の住所からAU光がひけるか確認。これはWebでできる。
auひかり ホーム1ギガ | インターネット回線 | au
 次に、AUショップに行って7/29時点で申し込んだ。工事はお盆明けという話。

 すると、8月初めに電話があって「近くに引き込み可能な電柱がない」とのことでキャンセルになった。
 あれだけ勧誘電話がくる割に、引けないとはどういうことなんだろうか。
 これで更新計画は振出しに。どうしようかな。



関連記事[ADSL モバイルルータ WiMax


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP