農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

電気工事士試験用の工具を購入

 秋の情報処理技術者試験を終え、12月の第二種電気工事士試験の実技試験の準備に入る。
 対策本を読んだ限りでは、少なくとも手持ちの工具だけでは不足していそう。
 少なくとも、スリーブ圧着用の専用工具はないとどうしょうもなさそう。

 こういうのはセット買いすればいいので、よく名前の出るホーザン製の工具一式を購入した。
工具のホーザン | ホーザン株式会社

購入した工具一式


 試験を受ける人は多いので、工具セットは簡単に手に入る。

 ペンチとウォーターポンププライヤーは使ったことがあるとして、いくつか見たことのない工具が入っている。

工具内訳


 ケースと、布のスケール以外は以下のものが入っていた。
プラスドライバー No.2
ランプやコンセントに銅線をねじ止めするねじ用

マイナスドライバー 5.5
コンセントや引っ掛けシーリングに差し込んだ銅線を引き抜くとき、コンセントを金属枠につける時に使用。

ペンチ
ケーブル切断、銅線をまげてわっかを作るために使用。後述のVVFストリッパーがあればほぼ使わない。

ウォーターポンププライヤー
アウトレットボックスに金属管をつける時に使用。固定ねじのねじ切にも使う。問題によって使わない。

圧着工具 P-737
必須。電気工事士試験では、ケーブル同士の接続にスリーブ接続を指定されるため、その圧着に使用。正しいトルクがかかると、スリーブに文字が刻印される。

VVFストリッパー P-737
ホーザンのセットの最大の利点。これ1本あれば、工具の持ち替えを最小限にできて、作成時間短縮に非常に有効。

電工ナイフ
昔ながらのナイフ。試験ではカッターナイフは使用を控えるように書かれているので、これを使う。新品は刃を出すのに固いので、ケガ注意。

布尺
しょぼい。机に張り付けて使うのがいい。

 このセットを買う理由がVVFストリッパーにある。難関の銅線の輪つくりの時、先端の丸い部分がかなり有効。
 また、VVFを剝くときに本体のスケールで測って、そのまま持ち替えずに3本まで同時に被膜を剝ける。非常に効率的。

 ホーザンのページでは動画も見られるので、詳しい使用方法はそこで。
 第二種電工試験の虎


関連記事[電気工事士 ホーザン VVF

前後の記事 - [資格試験]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP