農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 19 | 20 | 21 || Next»

適応障害で休職まで

 このブログは過去のことをまとめてあとから記載することがほとんど。
 今回は、初めて適応障害の診断を受けて休職したときのことを記載する。

 10月はチームリーダーになって一人でベトナムに出張したり、異動者の面倒を見たり、家族が入院したりとイベントがかなり多かった。今思い返せば、将来に希望が見えない中で無理をしていたんだろう。
 そんな10月の終わりの日曜日。一人で家にいる時にどうしょうもない恐怖感に襲われた。
 次の月曜日。過去に心療内科は受診したことがあったので心療内科に電話をしたら、どこも予約が必要。行きつけの内科で心療内科も行っていたので、そこで診療を受けて安定剤と睡眠導入薬をいただいた。
 そして金曜。何があるというわけではない普通の金曜日。土曜日は出勤だし、日曜日も場合によっては出勤するという状況で、朝の乗り換えのホームで、足がすくんで動けなくなった。家を出る前はいつもの下痢で、変わらなかったけれど、本当に電車が来ても全く乗る気持ちになれなかった。

 そのまま駅を出て、朝でまだ開店していない商業施設のベンチで会社に電話を入れる。数時間そこで、帰る気も、どこかに行く気もしなかった。

» 続きを読む



どうしょうもない恐怖感と心療内科受診

 日曜日、どうしょうもない恐怖感が押し寄せてきた。
 母親は入院して、父親はショートステイなので一人でいるということもあるのだけれど、押し潰されるような感覚。気の持ちようなんだろうが、一時的に消えてもまた浮かんでくる。
 先日視界がおかしくなったり、軽い頭痛が続いていたり、めまいが来るなどの体調不良もあったので、余計に不安になる。

 ここのところの仕事のプレッシャーと孤独感というのが原因かもしれないけど、さすがに今まで感じたことがなかったので、会社を休んで心療内科に行ってきた。

» 続きを読む


母親の入院と認知症の父親

 前から少し話はでていたのだけれど、母親が入院することになった。
 父親は、数年前から認知症で介護が必要な状態。今年の初めにはアルコール依存で入院した。そんなじょうたいなので、父親もショートステイに行ってもらうことになった。

» 続きを読む

閃輝暗点と脳のMRI

 仕事をしていて、いきなり目の前がぎらぎらしたなあとおもったら、それが輪のように広がっていって視界外に消えていった。
 発生している間はとても気持ちが悪かった。いったいこれは何だろうかと思ったら、よくある症状らしい。
閃輝暗点 - Wikipedia
 多くの場合、この後激しい頭痛が来るとのことだったのだけれど、全くそんなことはなかった。その場合、結構怖いことが書いてある。
 中年の場合で、閃輝性暗点だけあって、その後に頭痛を伴わない場合は、まれに脳梗塞、脳動静脈奇形、脳腫瘍や、血栓による一過性の脳循環障害が原因である可能性がある。


 最近頭痛やら、めまい、焦点が合わない感じ、どうきなどの症状があったので、脳神経科行ってMRIとってきた。

» 続きを読む

頭が回るようなめまい

 あまりめまいとか体験したことがなかったのだけれど、数日前からひどい状態。
 頭を下げたりすると世界がぐるーんと回るような状態。トイレで座ったときとか、不意に頭を下げたときにぐるーんと回るように、気が少し遠くなるような変な感覚。やばい病気かと思ったけれど、どうも良性のめまいにあたるらしい。

"良性発作性頭位めまい症はこんな病気 良性発作性頭位めまい症とは、頭を動かしたときや一定の頭位をとったときに、視界が回る、もしくは揺れるといった強いめまいが生じ、それに伴う吐き気・嘔吐が特徴の耳の病気です。"

良性発作性頭位めまい症 (りょうせいほっさせいとういめまいしょう) | 社会福祉法人 恩賜財団 済生会

» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 19 | 20 | 21 || Next»

↑ PAGE TOP