農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

家でのNucleusデバッグ環境の文字化け

 先日、XAMPPを使って家のPCにデバッグ環境を作ったのは良いのだけれど、Nucleusをインストールするとどうも文字化けする。
 NucleusはUTF8。データベースをみると、特殊記号が混ざったような状態。

 これは、XREAの新しいサーバに移行したときも起こったのだけれど、こちらはどうにも直らない。
 サーバにアップロードしてあるサイトのファイルと、データベースの内容を書き戻しても、だめ。

 具体的には、phpMyAdminで見るデータベースの内容が文字化け。投稿しても文字化けという状態。
 これ、いくつか問題点があった部分を列挙。

 まず、デフォルトのデータベースの文字コードについて。何も設定していない場合、データベースの照合順は、「latin1_general_ci」となり、文字コードは「latain1」になる。
 このまま使うと、見事に文字化けが起こるので、MySQLの設定で、デフォルトの照合順を「utf8_general_ci」,文字コードを「utf8」に変更する。

 そしてNucleus本体側。/nucleus/libs/globalfunctions.phpファイルのデータベースの接続直後に
mysql_query("SET NAMES utf8");
 を記載。でもこれ、最新版のNucleusには回避策が入っているように見える。

 そんな感じでNetの情報を集めて対策してみたのだけれど、どうしても文字化けが直らない。
 何でかなあとphpMyAdminを眺めていたら、テーブルがすべて「latin1_general_ci」のままだったことに気がつく。
 デフォルトの照合順を「utf8_general_ci」に変更しても、すでに作成されたテーブルの照合順は変更されるわけじゃないわな。
 phpMyAdminでテーブルを選び、「操作」タブから照合順を「utf8_general_ci」に変更。これでやっと文字化け対策は完了。

 わかってみれば単純なことなんだよな。


関連記事[nucleus Nucleus XREA

前後の記事 - [Nucleus]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP