農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

コンパクトフラッシュをドライブに?

 新しいHDDを買ったときに、省電力性、静音性に優れたという話があったのだけれど、そもそもHDDを使わないという手も、最近は現実性のある話になっているらしい。
 最近は高速なコンパクトフラッシュがあって、それをHDDのかわりに使うことで静音・省電力に優れたPCになるらしい。確かに、HDDのシーク音や回転音がしないのは魅力か。

 うちのふるいPCの、DynaBook SS 3430あたりは、HDDを換装した物なのだけれど、高速・大容量なHDDにしたかわりに、うるさくて、発熱がひどい状態になってしまった。これが音がしない状態になって、低温なら良いかなと。

 調べてみると、コンパクトフラッシュをIDEに変換するアダプタがあるらしい。


 値段を調べた限りでは、高速なCFはまだ高い。でも、SS 3430につけるとするなら、それほど速いアクセスができなくてもよさそうなもんなのだけどな。

 費用対効果を考えると、どうなのかな。


関連記事[IDE CF アダプタ

前後の記事 - [PC関連]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP