農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

過去の記事:September 2010

モバイルサイト制作用の本を買う

 携帯サイトを本格的に作成しようと思ったら、どうもキャリア別にいろいろと方言というか、表示の仕方が違うらしい。
 それも、少し前と最近ではまた仕様が少し違うとか。ちょっと勉強した方が良いなと書籍を購入。

 この本では、写真で絵入りで各キャリアごとの見た目が乗っている。そして、最近のiPhoneに対応する方法なんかも載っていて、ついでにこの本の中のサンプルコードをWebからダウンロードできる。至れり尽くせりだ。

 どうも、制限が多いのはDocomoらしい。基本Docomo対応のxHTMLを書いておけば、他のキャリアでもそこそこいけるようだ。
 そして、なるべく各社同じように見えるタグを使うこと。この辺を気をつければ何とかなりそう。

 ただ、絵文字に関しては同一のHTMLじゃあ難しそう。これは使うならキャリア別に分けるしかないかな。



ツイッターのサイトで傷害発生

 どうも、ツイッターのサイト自体が何かまずいらしい。
現在、Twitterのしくみを利用して、勝手に変なことがつぶやかれたりしてしまう状況が広まっているようです。色のついたつぶやきなどには注意しましょう。できれば今はwebからTwitterにアクセスしない方が良いです。
携帯電話やパソコンの他のtwitterサービス(TweetDec、HootSuitなど)であれば安全なようです。
 アプリとかからは大丈夫らしいけど。
 今現在は復旧して大丈夫みたいだ。私はPCではFireFoxというブラウザのアドオン使ってるので大丈夫だったけれど、サービスが有名になっていくとこういうことが増えるのかね。


駅から宿検索サイトへレンタカー店の追加

 駅から近い宿の検索サイト「駅から3分」を更新してみた。レンタカー営業所と時刻表検索を追加。

 このサイト、駅のデータベースを利用して1つの駅を1つのページとして作っているので、すべての駅ごとにリンクを追加するにはちょっとだけテクニックを使用した。
 レンタカー営業所検索は、レンタカーWeb予約のページに地図から検索するページがあったので、座標情報と駅名からそのページにリンクできるようにスクリプトを作成した。
 駅の時刻表はもっとかんたんで、駅の時刻表を公開しているサイトへその駅ごとにリンクを作るスクリプトを書いておしまい。

 テストしてみたけれど、結果はそこそこ良い感じ。あと足りないものが何かを考えつつ更新していけば良いかな。

楽天の商品検索APIの仕様変わる

 他のサイトに、楽天の商品検索をつけていたのだけれど、どうもこれがうまく表示されていなかった。

 少し調べてみると、使っていた楽天APIの仕様がずいぶん変更になっていたのと、古いバージョンの楽天APIが使えなくなったかららしい。
 変更といっても、送るコマンドとか使い方は一緒で、取れるものがいろいろと増えているということ。バージョンの引数を変えればそのまま使えそうだけれど、どうせなら取れる情報をデータベースに保存しようとコーディングと更新を。

 更新を始めると、いろいろとアイディアが出ては来るんだが、しっかりそれを形にするまでいかないんだよな。どうにかしたいところ。

Googleのインデックスのチェック

 Googleのクロウラーが新しく作ったサイトに来てくれるのは良いのだけれど、そのあとインデックスされているかの方が重要。持って行っても、検索に出てこないんじゃあ意味ない。

 そういうわけで、Googleの検索窓から、「site:」コマンドを使ってインデックスを調べていたのだけれど、「allinurl:」コマンドというのもあるのを知った。
 これを使うと、コロン以降のURLが含まれるすべての結果を表示するのだそうだ。確かに、こっちの方が結果が多い。Google、おくが深い。

休みの更新作業

 なんか、平日は休日にやろうとか思うけど、休日になるとやる気が起きない。すぐやる気にならないのは、本心ではやりたくないということなんだろうか。

 さて、公開したサイト以外に今度は昔のサイトもいじろうということで、いくつか修正。まずは、「農場主の漫遊記」のサイトを、携帯電話に対応させてみた。
 本体はNucleusというCMSで作成しているので、携帯電話に対応させるプラグインを入れただけ。
 このプラグインがやっていることは、アクセスしてきたユーザのUAをチェックし、携帯電話だったら携帯電話専用のスキンを表示するというもの。
 合わせて、表示する際の文字コードをS-JISに変換している。

 いたってシンプルだけれど、仕組みはわかった。試してみた限り、動作はおかしくないのだけれど、ただ1つ、検索がうまく行かない。検索時には入力がS-JISになるわけだけれど、最新版のNucleusでは、検索時に保存されている文字コード以外の入力があった場合にはエラー処理するようなコードが入っているようだ。検索はちょうど、NP_CustomURLでリダイレクトの処理を行っているので、リダイレクトする際に文字コードを判別して変換すれば良いのでは?とも思う。まあおいおい。

 スキンの表示はデフォルトではあまり美しくないので、携帯用のWebサイトテンプレートでも探した方が良いかなあ。

 あと、更新時にツイッターに更新した旨を自動登校するプラグインも作っていたのだけれど、ツイッターでいつの間にかBASIC認証使えなくなってたのか。更新時自動投稿が効かなくなってて気づいた。改造するかどうするか。
 これも合わせておいおい。

googleのディープクロールが始まる

 さて、新サイトを公開していろいろと更新しているのは良いけど、いまだアクセス増えず。
 検索エンジンは、トップページと数ページはクロールしてくれたけれど、10000ページあるページのほとんどは見てくれても居ない。

 そうこうしているうちに、Google先生のディープクロールが始まったようだ。ゆっくりとほとんどのページをなめていってくれている。
 このあと、ページを解析して検索結果に反映してくれるわけだ。ここまでは公開後1ヶ月。そのあとどうなっていくかだな。

↑ PAGE TOP