農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

楽天トラベルのデータのデータベース化

 帰ってやりたいことはたくさんあるけど、いざPCに向かうと出来なくなるのはなぜ?なにか、やる気を奪う妖怪的なものとか。だからといってダラダラすると、後悔感がすごい。

 さて、宿の検索サイトの作業を。
 例えば、楽天の全商品のデータベースはHDDの容量があればできる。でもそこから待ち時間のストレスなく検索して表示するのは大変。また、検索条件を楽天に送って、返って来た結果を表示するなら、容量もデータベースも最小で良い。でも、通信の回数や制限に気をつけないと警告が来る。

 そういうわけで、phpでスクリプトを作って、楽天トラベルAPIでデータを検索→検索結果をPCのデータベースに保存という作業で全データをぶっこぬいた。作ったサイトはアクセスも少ないから、そのつどAPIを使えば委員だけれど、なんせ1万ページを超えるページ数なので、同時にアクセスされる可能性は高い。そんなわけで、全データ保存形式にした。
 アクセスには待ち時間を設けているので、数分の時間はかかったけれど、データベースの量もまあOKな量。
 
 あとはこいつをサーバのデータベースにアップロードしてやればOK。

 しかし、長年使っているからという理由でベースは相変わらずNucleusだけど、WPに移行することを考えた方がいいかもな。流用できるものが段違い。作業を減らせる。


関連記事[Nucleus php つどAPI


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP