農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

電気通信設備工事担任者 AI・DD総合種を受験した

 この4月に異動になってから、大変残業が増加してしまっていて、なかなか資格試験の受験を続けられそうもない中。
 試験当日も出勤したほうが良さそうなので、午前中に試験を受けてその足で出勤するつもり。もうこうなったら意地で受けているようなもん。
 3月の申込み時点では、そうは思っていなかったんだけどな。
電気通信設備工事担任者 AI・DD総合種の受験申込【農場主の日常】

電気通信設備工事担任者 AI・DD総合種の受験対策


 私は電気通信主任技術者(伝送交換)の資格者証が来てから受験したので、基礎と法規は免除。総合種の中でも、基礎は一番簡単という話もあるので、結局楽になったかは不明。
 テキストは以下を使用。というか、ネットの評判を調べても、これさえあれば他は不要らしい。

 このテキストというか問題集をひたすら解く。それだけ。解説と、欄外にある問題についても出題率が高いそうなので、それも合わせて。

試験当日


 駅前から資格学校のチラシくばりが多数居て、工事担担任者試験スゲーと思ってたら、公認会計士試験と同じ会場だったかららしい。さすがにそこまでメジャーな資格ではない。
 試験開始で、過去問と同じような問題は直感で、見たことのない問題も直感で選択肢を選ぶ。マークミスのチェックは重点的に行って、10:30には会場を後に。これくらいの時間なので、午後からの休日出勤も余裕。というか、心に余裕が欲しい。

自己採点結果


 過去問の類似問題が多いせいか、夜には某巨大掲示板で有志が答え合わせをしてくれる。結局のところ、40/50問正解ということで80%の正答率。この点数なら合格だろう。あとは、合格発表を待つだけ。


関連記事[工事担任者 電気通信 法規

前後の記事 - [資格試験]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP