農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

資格試験用の筆記具見直し

 現在受験予定の資格試験は、技術士二次試験、電験二種二次試験だ。この2つの試験はどちらも筆記試験で論文対策が必要となるので、筆記量が段違いに多くなっている。また、電験二種は計算問題も難易度が高い。
 私は筆圧が高いので、通常使用している0.5mmの太さのシャープペンシルでは芯が折れることが多い。
 通常使用の筆記具は一時期、ボールペンのフリクションを使用していて、全く芯が折れないことに快適さを感じていたのだけれど、資格試験で修正が多くなってくると、ちょっとフリクションだといまいち。それに、資格試験ではボールペンは不可なので、できれば折れないシャーペンがいいのかなと。
 少し検討してみた。

パイロットモーグルエアー


 まずはパイロットのモーグルエアーを買って来た。
 確かに折れないのはよいのだけど、グリップが太い上に固いので疲れる感じ。
 それになんか書き心地がよくない。

 筆圧を吸収するのか、くにくにとした感覚。ちょっと気持ち悪い。

三菱クルトガ


 あと評判のものは、いつでもとがった先でかけるクルトガというシャーペン。
 こちらも、従来のシャーペンとは書き心地が違う。何というか、先端が動く感じ。

 それが売りで、いい機能なのだけど、どうもなれない。

ぺんてるグラフギア


 結局のところ、機能性の高いシャーペンではなく、太いシャーペンを使うという案を実践してみた。
 以前、電気製図技能士で使っていた0.9mmの製図用のシャーペン。通常使用では使っていなかったけれど、試してみるといい感じ。
一級電気製図技能士と実技試験受験【農場主の日常】
 文字も、心なしかはっきりしっかりとかけている気がする。
 芯が太いとマークシートの塗りつぶしも若干の時間短縮になる。
 一本追加購入して、これで行くことにした。




関連記事[シャープペンシル 筆圧 フリクション

前後の記事 - [資格試験]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP