農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

両親の部屋のカーテン

 GWに、ラックやら棚やらの整備をしていたら、どうも母親もいろいろ頼んでくるようになった。
 父親の部屋、網戸と雨戸があるのだけれど、カーテンレールがないのでカーテンをつけていない。
 これからの季節で西日がひどくなりそうなので、カーテンレールをつけてほしいという話。
 また、母親の部屋もカーテンをつけてはいるのだけれど、長さがあってないし、突っ張り棒に無理やりつけているので今一つ
 ということで、レースカーテンとカーテンレールをつけることにした。

カーテンとカーテンレール


 カーテンレールは、窓との間がちゃんと空いて、伸縮自在なものを購入。
 安いけれど、いろいろ色もあって使いやすかったので。

 レースカーテンは、熱と紫外線をカットするもの。冬も温かいらしい。



カーテンレールとカーテンの取り付け


 カーテンは2m近い窓につけたので、2人がかりで。はじを抑えて、ねじ止めする場所にキリで下穴をあけておいて、電動ドライバーで固定。
 カーテンレール自体は軽いので、特に問題なく。滑りもすべらかで良い感じ。

 レースカーテンは、白のものだったけれど、母親の好みとしては少し柄が入っていた方がよかったそうだ。
 そういえば、前に買ったものは白とは言え少しストライプの模様が入っていた。

 サイズは測って購入しただけあってぴったり。これまで引きずるくらいおおきかったけれど、今度はちょっと床に触れる程度。少しの調整はカーテン固定のプラの部品で調整可能なので、それで。
 これで今年の夏はクーラーの効きもよくなるかな。


関連記事[西日 雨戸 はじ


コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP