農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 305 | 306 | 307 || Next»

こたつの新調

 家にいるようになって、母親がいろいろと相談してくるようになった。
 うちのこたつは数十年使っているもの。とはいっても、電気部分がおかしくなったので、一回電熱部分のみを交換してねじ止めしている。
 ここ数年、こたつを出すときにいわれていたのが、どうもこたつがゆがんでいると。
 電熱部分を取り付けたこたつの木の部分を見ると、亀裂が入ってそこから天板を載せる側まで割れている。それでゆがんでいたのか。
 これだと、電熱部分を交換しても強度的にやばい。

 そういうわけで、こたつを新調することにした。

» 続きを読む



お勝手のタンスを新調

 うちの家のお勝手には、私が子供のころからあるタンスがある。
 低めで白いタンスで、だいぶ汚くなっていたので子供のころにシールを貼らせてもらっていた。

 そんなタンスだけれど、30年以上使えた。といっても、そうそう頑丈なものでもなく、何度かばらばらになりかけるほどの状態。だましだまし、くぎで補強しながら使っていた。
 収納物は、薬や封筒類、書類など。こういう紙系は結構重さがある。

 そういうものを入れながら修理して使っていたので、引き出しを開けるのが重くて何度も引っかかる状態になっていたのでついに買い替えることになった。


» 続きを読む


適応障害で休職まで

 このブログは過去のことをまとめてあとから記載することがほとんど。
 今回は、初めて適応障害の診断を受けて休職したときのことを記載する。

 10月はチームリーダーになって一人でベトナムに出張したり、異動者の面倒を見たり、家族が入院したりとイベントがかなり多かった。今思い返せば、将来に希望が見えない中で無理をしていたんだろう。
 そんな10月の終わりの日曜日。一人で家にいる時にどうしょうもない恐怖感に襲われた。
 次の月曜日。過去に心療内科は受診したことがあったので心療内科に電話をしたら、どこも予約が必要。行きつけの内科で心療内科も行っていたので、そこで診療を受けて安定剤と睡眠導入薬をいただいた。
 そして金曜。何があるというわけではない普通の金曜日。土曜日は出勤だし、日曜日も場合によっては出勤するという状況で、朝の乗り換えのホームで、足がすくんで動けなくなった。家を出る前はいつもの下痢で、変わらなかったけれど、本当に電車が来ても全く乗る気持ちになれなかった。

 そのまま駅を出て、朝でまだ開店していない商業施設のベンチで会社に電話を入れる。数時間そこで、帰る気も、どこかに行く気もしなかった。

» 続きを読む

技術士第二次試験筆記試験合格発表

 対策講座を受験して、7月に受験した技術士二次試験(筆記試験)の合格発表があった。
 プロジェクトマネージャー試験に合格したので、それより書く文章量が少なかったこちらも何とかなるかなと思っていたら、全くダメだったようです。
 反省もかねて合格発表の状況を記載する。

令和元年度 技術士第二次試験筆記試験合格発表|公益社団法人 日本技術士会
» 続きを読む

どうしょうもない恐怖感と心療内科受診

 日曜日、どうしょうもない恐怖感が押し寄せてきた。
 母親は入院して、父親はショートステイなので一人でいるということもあるのだけれど、押し潰されるような感覚。気の持ちようなんだろうが、一時的に消えてもまた浮かんでくる。
 先日視界がおかしくなったり、軽い頭痛が続いていたり、めまいが来るなどの体調不良もあったので、余計に不安になる。

 ここのところの仕事のプレッシャーと孤独感というのが原因かもしれないけど、さすがに今まで感じたことがなかったので、会社を休んで心療内科に行ってきた。

» 続きを読む

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 305 | 306 | 307 || Next»

↑ PAGE TOP