農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

«Prev || 1 | 2 || Next»

昔やったスロットのゲーム

 大昔、パチスロやってた頃のスロット台がゲーセンにあったのでやったんだけど、どうしょうもない空しさが。当たるのにリターンがないというか。
 だいたいリーチ目とリール配列、打ち方を知ってはいて、懐かしいなあとは思えるのだけれど、長時間打つのはなんか虚しい感じで。

 その足で、ブックオフでスロットのゲーム買ってきた。当時のネオプラネットとキングパルサーが収録されているもの。


 ゲームには、普通のシミュレートモードとミッションモードがある。
 ネオプラもキンパルもストック機(ボーナスフラグが立っても揃えられず、規定のゲーム数まで貯めこむ)なので、買ったばかりで全くストックがない状態じゃあ打つ気がしない。
 ミッションモードは、規定のゲーム数でどれだけボーナスを揃えられるかとかなのだけれど、ほぼ外れない演出が続出してもそれはそれで面白く無い。

 実機がスロ屋にある時なら目押しの練習とかリーチ目の練習になってよかったかもだけど、今家でやるのはいまいちか。もっと古い台ならばもっと愛着があるからできるのかなあ。

 そんな感じで、スマホでもアプリを探したら、巨人の星があった。100ゲームだけ無料でできるらしい。
 そんな、ボーナスから何ゲームやったかも不明なストック機を100ゲーム回して面白いかだよな。巨人の星だと、リプレイが4連続すれば強制解除だからそれ狙いなんかな。特訓モード入ったら、モード中に終わりそうな気もするけど。



PS2 アルゴスの戦士

 ずいぶん前に500円で中古で買った「PS2 アルゴスの戦士」なんですが、パッケージも空けずに半年もほったらかしにしてました。
 さすがにそれはもったいないと思って、パッケージを開けてやってみることに。

アルゴスの戦士

アルゴスの戦士


テクモ 2002-12-05
Video Game
定価:¥ 7,140
Amazon価格:在庫切れ
(価格は12月11日 11:03現在)


 アルゴスの戦士といえば、昔ゲーセンに会った、ディスカマーというヨーヨーのような武器を使って敵を倒しながら進む、横スクロールのアクションゲームなのだけれど、PS2のこれは、3D系のアクションゲームになっている。
 アクションメインで、1面ボスまでは楽に行くのだけれど、ボス戦は結構つらい。ガードがあるのだけれど、それができるのかできないのかがわかりづらい。アクションの場所は、カメラが固定なので、進む方向や進める方向が良くわからなくなったり。
 特に3面、あとはボスと戦うだけのところで、どこに行って良いんだかわからなくなってはまってしまった。良く画面を見ると、半透明な階段のようなものが見えていたのだけれど、なかなか気づかないわなあ。
 まあ、楽しいといえば楽しいけれど、物足りないといえば物足りない。500円にしては面白いというところだけどね。


SEGA AGES2500シリーズ31 電脳戦機バーチャロン

 かなり前、ゲーセンでひたすら対戦にはまったゲームがあります。
 それが、電脳戦機バーチャロンなんですが、今回SEGA AGES 2500シリーズでPS2から販売されるとのことなので、ソフマップで購入しました。



 このゲームは、PC版,セガサターン版が出たことがあるのだけれど、専用コントローラーが無いとかなり扱いづらかった。専用コントローラーの形は特殊で、2本のスティックとその上についたボタンとトリガで操作する。この形は、PS2のコントローラーに合った形なのだけれど、ゲーセンでなれたわたしはPS2のコントローラーになれるのも一苦労。
 ただ、当時の移植とは比べ物にならないほどきれいなグラフィックと滑らかな動き。
 LANを用いた対戦もできるらしいけど、そこまではやらないかな。

 対戦ができないと楽しさは半減なのだけれど、ポイントで安く買えたし、当時を懐かしむことにしよう。

PS2用 アフターバーナーⅡ

 最近PS2熱が再燃してきて、古いゲームを買うようになりました。
 その中で、当時結構やりこんだ方のアフターバーナーⅡが欲しいなと思っていたのですが、発売日がかなり古いことで、どこも売り切れで探してました。
 そんな中、「ゲオEショップ楽天市場店」で在庫があるのを見つけて注文。本日物が届きました。


楽天ウェブサービスセンター

 在庫切れ
 
(価格・在庫状況は12月11日 11:03現在)
 shop:


 早速開封してやって見た。体感シートのように前後左右のゆれが無いのはしょうがないけど、キーコンフィグはもう少しやりたいようにいじらせて欲しかった。
 できれば、アフターバーナ調整がL1,L2,バルカン,ミサイルがR1,R2としたかったのだけど、その設定は無く、アフターバーナーをR1,R2,バルカン自動,ミサイル○ボタンの設定で。

 アナログコントローラーはやり安かったのだけど、こんなにロックしづらくてミサイルが無くなるゲームだったっけか。コンテニューしまくりで3回クリアしたあたりで大体昔の感じが戻ってきて、なかなか爽快。23ステージはそれほど長くなく、ちょっとやるにはちょうど良い感じ。
 アレンジモードで、新しく3機種を選べるようになってるのはちょっと面白いかな。でも、A10でやるのはちょっとおかしいと思う。あれ、ミサイルつめるのか?

PS2用にクラッシックゲームを

 秋葉に行ったついでに、懐かしめのゲームをソフマップで買ってきました。

 お目当てのゲームは、「ダライアスⅡ」と「レイフォース」。昔よくゲーセンでやったなあと。ダラ2はワイドテレビの画面いっぱいでプレイするのによさそうだしね。

 これとあわせて、「CAPCOM:CAPCOM CLASSICS COLLECTION / カプコン クラシックス コレクション」。こっちのお目当ては、「1943」「戦場の狼」そして「ファイナルファイト」と「フォゴットンワールド(ロストワールド)」ファイナルファイトとロストワールドは、ゲーセンでいくら突っ込んだか覚えてない。まともに家庭用に移植されるのは、多分これが初なんではないだろうか。

 ちょうどソフマップでは、3本買うと500ポイントボーナスというキャンペーンをやっていたので安かった「アルゴスの戦士」をあわせて購入。でも、ソフマップ店頭で買うと、ポイントは1%なので効率が悪い。ネットのsofmap.comに在庫があれば、ポイント10%付くのでこっちのがお得な場合が多い。難点は在庫があまり無いことなんだよね。

 ゲームをやった感じだと、「ダラⅡ」は楽しみにしていた音楽が若干しょぼめ。テレビの音量をアップしてやらないとだめかも。ただ、ワイドテレビにはかなり合っている。
 「ファイナルファイト」や「フォゴットンワールド」は、画面の表示部分の調整ができるので、ワイドテレビでもあんまり違和感無く。どっちかと言えば、「CAPCOM:CAPCOM CLASSICS COLLECTION / カプコン クラシックス コレクション」の方がお買い得感があったかな。

 今はこういうちょっとした時間にできるゲームの方が良いや。

«Prev || 1 | 2 || Next»

↑ PAGE TOP