農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

epraizer RM904

 去年の8月に秋葉でMMCとMP3プレイヤー「PDA01」を買ってきて愛用していたわけですが、あれ、単4電池1本で4時間しか持たないのです。
 そして、最近会社でPC間のファイル転送にUSBメモリを使ってる人が増えてきてうらやましく思っていたのです。

大きさはそれほど変わらず
 その2つの悩みを解消する品を、昨日秋葉で見つけました。商品は「epraizer RM904」。これ秋葉では数件で見つけたのだけど、店によって紙箱入りのALL英語のやつとプラケース入りの半日本語のものがあったので、前に「PDA01」を買ったお店でプラケース入りのやつを購入。2980円なり。
 メーカーページはwelcome to Epraizer !
 前に買ったMP3プレイヤーはMMCのみ対応だったのだけど、これはSDとMMCの両方に対応している。
 裏のボタンを押すと、しゃきーんとUSB端子が出てくるので、そのままPCのUSBポートに刺してファイル転送が可能。液晶なしで、操作は表面のボタンだけで行うシンプルな作り。でもシルバーでかっこいいね。
 プラケースの表面に書かれた説明には、「短」4電池で約12時間。中のマニュアルを読むと、単4電池で約6時間の再生が可能と書いてあるけど、どっちが正しいのかねえ。

 早速USB端子に刺して使ってみた。WindowsXPには自動認識されてリムーバブルディスクとなるのでこれまで使っていたMMCをFATにてフォーマット。そのまま今までの曲を転送してみました。
 USB1.1とのことで、転送は若干遅いけどそれほど気にならずすぐに。曲順は名前順になるようなので、頭に01とかつけるといいかもしれない。

 リムーバブルディスクとして使えるということは、フォルダわけに対応して居そうなので、CDごとにフォルダを作って保存して再生してみると、フォルダ名の名前順に検索されて再生される。結構頭良いね。
 ただ、メモリー機能はないので電源を入れなおすと最初からになる。まあしょうがないか。小容量(といっても64MBくらい)のMMCとかSDがいくつか有るなら、MD感覚で入れ替えるのがいいかもしれない。

 実はこのMP3プレーヤーはOEM品らしく、グリーンハウスというメーカーから同型のものが出ているらしい。それはアマゾンでも扱っているんだけど、高いのです。


 epraizerの品なら秋葉では大体2500円~2900円で買える感じかな。実は商品詳細情報 - [ あきばおー ]の方が安かったらしい。うんむ。
 まあでも結構満足かな。


関連記事[MP3

コメント


で、使い勝手はいかがなもの?
05/05/17 23:50:55
カードリーダーとしては悪くない感じ。
MP3プレイヤーとしてだと、「サー」っというノイズが大きめなのが気になる。あと、電源を入切りするのに3秒長押しが必要なので、ちょい面倒という感じ。
まあでも、値段と比べて満足できるかな。1万以上するMP3プレイヤーを使ったこと無いのでなんともだけど。
05/05/18 06:57:18


コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP