農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

ヒトラー最後の12日間

 休日になったので、借りてきたDVDを。
 今回は「ヒトラー最後の12日間」を。

 舞台は第2次大戦の末期、敗戦が濃厚となり、首都ベルリンにソ連軍の攻撃が来ているドイツ。ドイツ軍の地下要塞で、ヒトラーに雇われた女性秘書の目から見た、ベルリン陥落までの数日間の話。

 敗戦が濃厚となった首都はかなり悲惨な状況。ヒトラーやドイツ軍の主要な人たちも、もう狂気に近い絶望感が満ちた状態。ヒトラーも精神的にかなり来ている状況がひしひしと伝わってくる。
 暗いね。ひたすらくらい感じ。ヒトラーの残虐性を描くというよりも、滅び行く国の指導者の追い詰められる姿がよく書かれていると思う。

 見てスカッとする映画ではなかったな。まあ、しょうがないけど。


関連記事[ヒトラー ベルリン陥落 敗戦

該当無し
前後の記事 - [映画]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP