農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

アンダルシア

 休みの定番、スーパー銭湯の帰り、久々に映画を見た。アンダルシア。

アンダルシア

アンダルシア

真保 裕一
講談社 
単行本
定価:¥ 1,680
Amazon価格:在庫切れ
(価格は3月28日 18:45現在)


 適当にシネコンに入ったけれど、どうもいまひとつ見たい映画も無く、時間が合ったこの映画を見ることに。織田裕二の外交官ものだったかな。

 でも、そこそこ面白い。印象としては、日本人が洋画をとろうと頑張った作品のようだ。そこは日本人じゃなくても良いんじゃないというところがちょこちょこあったり。まあまあ満足したかな。



関連記事[シネコン

前後の記事 - [映画]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP