農場主の日常

なんちゃってエンジニアの日常をつらづらと

電気通信設備工事担任者 AI・DD総合種の資格者証到着

 先日、工事担任者の合格発表があって、無事合格となった。
 今年は4月に異動になってから、安定した勉強時間が取れずに苦労した。
 試験当日は、前日遅くまで仕事した後、試験を受けて午後に出社という。そんな状態でも合格したのでまあよかった。
 電気通信設備工事担任者 AI・DD総合種を受験した

 合格発表の様子と、その後の申請について記載したいと思う。

合格発表


 2018年上期の合格発表は、6/18の14時以降に発表になった。
 Webから受験番号を入力して合格を確認。事前の自己採点通り。
 合格はがきは次の日には郵送された。

申請方法


 取得済みの電気通信主任技術者同様、申請に合格証は必要ない。
 解答速報で自己採点して合格しそうなら、書類を先に作成しておくのがいい。
 申請書は、Webからダウンロードできて、以下の書類をそろえる。
  • 申請書 (写真・収入印紙を貼付したもの)

  • 氏名及び生年月日を確認できる公的証明書類等 (コピー不可)

  • 返信用封筒 (資格者証の郵送を希望する場合)

総務省|関東総合通信局|申請に必要な書類等について
 この書類のうち、電気通信主任技術者の免許があるならば、公的書類すら不要。とても楽。

資格者証到着


 簡易書留は日曜日も配達するようで、7/1の日曜日に到着。
 私の場合、会社への申請は6月申請と7月申請でちょっと意味がかわるので、できれば6月中に欲しかった。あとは情報処理試験(PM)の合格証待ち。

 しかし、16日の技術士二次試験は完全に準備不足。環境が変わるのはかなり影響があるな。


関連記事[出社 簡易書留 異動

前後の記事 - [資格試験]::タイトル一覧

コメント


コメントはありません。



コメントの追加


トラックバック

このエントリにトラックバックはありません
このトラックバックURLを使ってこの記事にトラックバックを送ることができます。

↑ PAGE TOP